ワキ脱毛を成功させる!

↑ページの先頭へ
枠上

家庭用脱毛器について

「家庭用脱毛器」といえば、ムダ毛を絡みとって引き抜く、いわば「電動式の毛抜き」のようなものを指していうこともあります。

が、多くの場合、光脱毛やレーザー脱毛など、ムダ毛が生えてこなくなるような効果を与えるものをいうようです。

かつては値段も高く、効果もいまいちでした。

が、ここに来て急激に値段が下がってきています。また、機器の改良も進み、脱毛効果も「サロンに行ってやるのと変わらない」といった感想を持つ人も増えきています。

「家庭用脱毛器を買って、自分でやるか。脱毛サロンに通って、プロにやってもらうか」は検討してみる価値は十分にあるでしょう。

両者を比較するのに、まずはお金の面からです。

家庭用脱毛器でかかる金額は、まずは本体の購入費。あとは消耗部品の交換が必要ですので、この分も考えないといけません。

脱毛サロンはもちろん、施術代金です。

もちろん、両者とも高いものもあれば、安いものもあります。ただ、一般的なことでいえば、脱毛する範囲が狭いと、家庭用脱毛器は割高になります。

特に「ワキ毛だけ」なんてことになると、脱毛サロン中にはほとんどタダのような値段でやっているところもあります。「顧客確保のためのサービス品」みたいな扱いになっているのです。

「脱毛するのは、ワキ毛とスネ毛ぐらい」というのであれば、おそらくはサロンに通ったほうが安いでしょう。

また、安全性も考えないといけません。慣れた人が扱わないと、ヤケドなどの危険性があります。また、そうなった時の対処方法も脱毛サロンのほうがよく承知しているでしょう。

枠下 枠上

女性にとってのワキ毛

女性のみなさん、ワキ毛の処理はどうされているでしょうか? こまめにお手入れしないと気がすまない人も多いでしょう。

ちょっとした動作で、周りの人の目についてしまいますからね。何でもない半そででも、手を上げれば、そでの奥から顔をのぞかせてしまいます。

ノースリーブなんて、とてもとても……

でも、それで本当にきれいになっていますか?

もちろん、カミソリや毛抜きで処理すれば、ワキ毛自体はなくなるでしょう。が、お肌を荒らしていませんか?

カミソリだとお肌の保護をしている角質層まで削り取ってしまいます。毛抜きだと、毛穴を傷つけてしまいます。

これが何日かに一回は起きているのです。炎症を起こしたり、毛穴がボツボツ状態になっているのではないでしょうか。これはやがて、色素の沈着につながってしまいます。つまり、黒ずんでしまうのです。

ワキ毛がなくても、これはこれでみっともないですよね。

いっそのこと、脱毛サロンで脱毛処理してもらいましょう。施術がいったん完了すれば、もう手間をかける必要がなくなります。が、それだけがメリットではありません。お肌に負担をかけることもなくなります。

つまり、ツルツル・スベスベのワキの下が手に入るのです。

「だって、お金が……」なんて考えるかもしれません。が、わきの下はどこの脱毛サロンも、「入門コース」のような扱いにしています。

多くのところが、赤字覚悟の料金設定です。「まずは足を運んでもらって、お得意さんになってもらおう」と考えているみたいですよ。

これをうまく利用しない手はありません。

枠下
枠上 枠下
Copyright (c) 2014 ワキ脱毛を成功させる! All rights reserved.